SONY α9 ファームウェアVer6.00公開 アップデートまとめ

SONYα9

待ちに待ったSONY α9のファームウェアVer6.00

今年初めのCP+で発表されたSONY α9(ILCE-9)ファームウェアVer6.00が2019年9月24日に公開されたのでアップデートしました。

今回のアップデートの変更点(SONY公式サイトから引用)

リアルタイム瞳AFの動物対応

  1. 動物に対応したリアルタイム瞳AFとトラッキング機能の併用が可能になりました。

    人物と動物の瞳を同時に検出することはできません。また、動物の種類、複数の動物、動き回るような撮影環境では、瞳を検出できない場合があります。詳しくはサポートサイトを御覧ください。

  2. インターバル撮影機能の追加
  3. ワイヤレスリモートコマンダーRMT-P1BT[別売]に対応
  4. 操作性向上
    • フォーカス枠の色を指定する機能の追加
    • MENUボタンを押したときに、マイメニューを最初に表示する機能の追加
  5. 動作安定性向上

<ご注意>
本アップデート実施後にRemote Camera Toolを使用する場合は、Remote Camera Toolを最新バージョンに更新してご利用ください。

早速ファームウェアVer6.00にアップデート

まず用意したのは普段あまり使用していないWindows10機。

何故かMacではいつもうまくアップデートできません。

それとSONY純正マイクロUSBケーブル。

これも純正じゃないとα9にきっちりハマらなくてPCがカメラ本体を認識してくれません。

f:id:akira2019foto:20190925103640j:plain

準備OK

まずはSONYのファームウェアサイトからVer6.00をダウンロード。

しかししばらく使っていないWindows機のアップデートが来て立ち上がりが遅い。

少し時間がかかったけどアップデート完了。

f:id:akira2019foto:20190925104137j:plain

日時が初期化されるので再設定が必要です。

今回の売りであるリアルタイム瞳AFの動物対応はペットを飼っていないのでくまのプーさんで動物瞳AFを実験しましたが認識してくれませんでした(笑)

ワイヤレスリモートコマンダーRMT-P1Bにやっと対応してくれました。

普段のポートレート撮影の時は使用しないのですが、星空ポートレートの時は使用するのでこれも待っていました。

インターバル撮影は風景を撮らなくなったので私は使用しませんが、星を撮影する方には朗報ですね。

フォーカス枠の色を指定する機能の追加がやっと追加された

やっと追加されました。

これを早速変えてみました。

f:id:akira2019foto:20190925104211j:plain

変更前

f:id:akira2019foto:20190925104246j:plain

赤に変更。

ライブビュー撮影は勿論、ファインダーを覗いているでも見やすくなると思います。

動作の安定の向上は常にアップデートして欲しいですね。

結論

まだ実際に本格的に撮影していないのですがα9、SONYのフラッグシップ機(SONYは公式ではフラッグシップとアナウンスしてません)として更にふさわしくなったと思います。

明日の撮影楽しみだな。

www.portrator.work

もし良ければこちらも読んでくださいね。

参考 SONYα9Ⅱの変更点foto Blog 参考 SONYα9Ⅱとα9の変更点foto Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA