台風で停電になった時の備えと対応 

アマチュアフォトグラファーのBlog

台風19号の影響が各地で影響が出始めています。

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

一番の心配は被害が出ないこと。

そして停電の備えです。

私の体験談を。

私の場合は地震による停電です。

北海道胆振東部大地震

私の住む北海道でも2018年9月6日未明に起きた北海道胆振東部大地震で北海道全域がブラックアウト(停電)になりました。

その時の事を記憶の限り書き残したいと思います。

b.hatena.ne.jp

2018年9月6日未明、3時半頃、地響きとも地鳴りとも思えぬ音で目が覚めました。

と同時に大きな揺れが。

タンスが倒れないように抑えていたら地震は収まった。

そしてすぐにNHKニュースを見たのでまだその時は停電になっていなかった。

津波情報を確認してまた布団に入りいつもの起床時間に起きると停電になっていた。

出勤支度をしていたが、会社の電話も繋がらず連絡不能。

だが一応出勤してみた。

信号停止で道路は無法地帯

街は地震の被害は無かったが停電のため道路の信号が停まっていて無法状態。

幹線道路は警察が出て交通整理にあたっていたが怖かったのを思い出す。

いざ会社に着くとほとんどの社員が出勤してない。

PCも使えず仕事にならないため自宅へ。

災害のとき頼りになるのはラジオ

地域FM局が非常用電源で停電情報を流してくれていたのが助かった。

非常時はやはりラジオ。

その時は10時頃。

食料確保のため近くのコンビニへ行くとすでに商品が無い。

すぐに大型スーパーへ行くと長蛇の列。

しばらく待ちそうだ。

スマホは省電力モード 乾電池の用意も

並んでいると頼みの携帯電話の電波が弱くなってきた。

どうやら携帯基地局のバッテリーが長時間持たないみたいだった。

三菱電機 アルカリ乾電池(シュリンクパック) 単4形 10本パック LR03N/10S

三菱電機 アルカリ乾電池(シュリンクパック) 単4形 10本パック LR03N/10S

根拠のないことは話さない

長蛇の列に並んでいるとデマや噂が流れ飛んで酷かった。

市の広報車が来て断水になると言ってた、等々。

実際そんなことは住んでいる街では起きず。

確信のないことは他言しないことが非常時には大切。

1時間以上経ってやっとスーパーの入り口に着いたけど乾電池や食料品は少しだけ手に入れる事が出来た。

子供達が活躍してくれて助かった。

日頃の備え

一旦自宅に戻り昼食。

この時は朝炊いたご飯があったので妻がおにぎりを作り置き。

休憩してると携帯の電波が掴めなくなってきた。

唯一のライフライン。家族の携帯も同じキャリア。

しかしどうすることも出来ないので読書。

積ん読状態だった本が読めたのはよかった。

そのうち日暮れとともに暗くなりキャンプ用のランタンを使用。

次回へ続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA