Amazon Echo Dot複数台で出来ること 購入編

Echo dot第3世代

Amazon Echoにハマりまくっています(笑)

これまでのAmazon Echo、Alexaについての記事

Amazon Echo DotとAmazon Music1ヶ月分を割引 999円!

2019最新版 Amazon Echo dot 第三世代レビュー

Amazon Echoのコール機能で電話する方法と設定

Amazon Echoで家電コントロール スマートホーム化

2019年版 Amazon EchoをIFTTTと連携してみる

物欲に負けて2台目のEcho Dot 第3世代とスマートプラグのセットを買ってしまいました(笑)


2019年11月4日23:59まで63時間のビッグセール タイムセール祭りを見てしまったのです。

スマートプラグもセットで4,300円とかなりお得。

スマートプラグ単体を探そうと思っていたらAmazonにやられてしまった。

2019年11月4日現在、メルカリ、ラクマ、PayPayフリマでEcho Dot第3世代を検索すると

Amazon Echo DotとAmazon Music1ヶ月分を割引 999円で販売してたときのものと思われる「Echo Dot第3世代」がたくさん出てきます。

なぜEcho Dot2台目を買ったのか?

Amazon Echo Dotを2台買った理由は寝室で使いたかったから。

リビングのEcho Dotとは別に2階の寝室でテレビ、照明のコントロール、目覚まし等に。

枕元に置いているスタンドライトはリモコンが無いもの。

つけっぱなしで寝落ちすることが多く、妻に小言を言われるのが嫌なのと(笑)電気料金節約のため。

テレビもリビングと同じBRAVIAなので設定も簡単。

アレクサでコントロール出来ます。

プチスマートホーム化第2弾。


Amazon Echo複数台の設定は?

調べたところ同じアカウントでログインすれば大丈夫。

Amazonヘルプ&カスタマーサービスで確認しました。

Amazonから以下引用

 

複数のAlexa端末の使用

Alexa音声サービスは、すべてのAlexa専用端末と連動します。一部の機能や設定はお使いのアカウントに登録されている端末間で共有されます。

Amazon Alexa端末は、音声またはアプリで制御されます。

同じウェイクワードを使用する端末が2台以上ある場合、Alexaは遠隔音声認識を使用して最も近い位置にある端末が応答し、要求された操作を実行します。また、ウェイクワードは変更できます。

一部のFireタブレットはハンズフリーに対応しており、有効になっている場合はウェイクワードに反応します。詳しくは、FireタブレットでAlexaを使用するをご覧ください。

共有コンテンツと共有設定

2台以上のAlexa端末がアカウントに登録されている場合、端末間でいくつかのコンテンツや設定が共有されます。

Alexaアプリより、メニューに移動し、すべての端末で共有されるコンテンツの設定を選択します。Alexaアプリの設定メニューのアカウントセクションの下にあるすべてのコンテンツは、お使いのAlexa端末間で共有されます。 以下の機能は端末間で共有されません。

  • アラームとタイマー
  • サウンド
  • Bluetooth接続

注: 現時点では、コンテンツを特定の端末でのみ利用できるようにカスタマイズすることはできません。たとえば、音楽、スキル、買い物リストはアカウントに登録されているすべてのAlexa端末で利用できウェイクワードを分けるかどうか

ウェイクワードを分けるかどうか?

Amazon Echoにはアレクサ、Echo、Amazon、コンピューターの4種類のウェイクワードがあります。

アレクサ ウェイクワード

ウェイクワードとは
Alexaを起動するための言葉

一階のリビングと二階の寝室でウェイクワードは統一した方が自分も混乱しなくて済みそう。

とりあえず「アレクサ」で統一しようと思います。

複数台のAmazon Echoで共有されないもの

2台目のAmazon Echoを買う時にに少し迷ったことがスキルの共有。

Amazonヘルプ&カスタマーサービスで調べました。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=202013740

以下引用

共有コンテンツと共有設定

2台以上のAlexa端末がアカウントに登録されている場合、端末間でいくつかのコンテンツや設定が共有されます。

Alexaアプリより、メニューに移動し、すべての端末で共有されるコンテンツの設定を選択します。Alexaアプリの設定メニューのアカウントセクションの下にあるすべてのコンテンツは、お使いのAlexa端末間で共有されます。 以下の機能は端末間で共有されません。

  • アラームとタイマー
  • サウンド
  • Bluetooth接続

注: 現時点では、コンテンツを特定の端末でのみ利用できるようにカスタマイズすることはできません。たとえば、音楽、スキル、買い物リストはアカウントに登録されているすべてのAlexa端末で利用できます。

なるほど、アラームとタイマー、サウンド、Bluetooth接続なら問題無さそう。

寝室でアラームセットした時間にリビングでもアレクサがアラーム鳴らすことは無さそうです。

寝室のライトスタンドもスマートプラグでコントロールするので問題なし。

まとめ

2台目のEcho Dotが到着、セッティングが終わったらまた記事にする予定です。

またAmazon Echoでコントロール出来ないと思っていたリモコンの無い家電、ライトスタンドやコーヒーメーカー等のコンセント直挿し家電も間にスマートプラグを介せば可能になることもわかりました。

今後も楽しみです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA