UMIDIJI A3S 1万円のAndroidスマホをiPhoneユーザが使ってみた

iPhoneユーザーがAndroid10のスマホを使い出しました。

メインはiPhone8 Plus。

なぜAndroidスマホを使い出したのか?ですが「Rakuten UN-LIMIT」を契約したからです。

【事務手数料3300円相当ポイント還元中】Rakuten UN-LIMIT★300万名対象★
価格:3300円(税込、送料無料) (2020/5/3時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天で購入

 

Rakuten UN-RIMITは新規でSIMのみの契約。

楽天モバイルで推奨している機種を買おうかな、と考えていたら非対応の機種でもAPN設定で楽天UN-LIMITで通話、通信ができている様子です。

今回は1年間料金無料キャンペーンでお試し、ということで安い端末を探していました。

それがUMIDIJI A3S

 

普段の価格で約1万円。

それが8,000円台でタイムセールになっていました。

もう一度、Rakuten UN-LIMITで開通できるかを確認してAmazonで購入しました。

ずっとiPhoneユーザーですが、初めてのAndroidスマホ。

中古で貰ってSIMなしで使っている中古のAndroidはありますがAndroid6.0。

まともに動きません。

私としては初のAndroidスマホです。

UMIDIJI A3Sはネット上では「安かろう・・・」と言われていて、動きももっさりしておりあくまでもサブ機としてならOK、とか言われています。

実際に使用したのでその感想を記事にします。

Amazonで買える10,000円台のAndroid UMIDIJI A3S

まずは開封

同梱品は

  • UMIDIJI A3S本体
  • ケース
  • SIMピンや取扱説明書が入ったもの
  • 充電ケーブル
  • 電源ソケット

カラーはミッドナイトグリーン。

しかし付属のケースが黒ではこの色が活きません。

別途Amazonでクリアケースを購入しました。

10,000円台にしては高級感があります。

カメラは2眼、そして指紋センサーがついています。

 

デュアルSIMスロット Micro SDカード

 

今や珍しいイヤフォンジャックとMicro USB。

UMIDIGI A3S の主なスペック

  • OS  Android10
  • CPU Cortex-A53 4コア, 2.0 GHz
  • メモリ2GB
  • ストレージ 16GB( microSD最大256GBまで)
  • ディスプレイ 5.7インチIPSディスプレイ
  • 解像度  720 x 1440px (HD+), アスペクト比18:9
  • サイズ 153.7 x 72.9 x 8.5mm
  • 重量 197g
  • メインカメラ 16MP、5MPのデュアルカメラ
  • 前面カメラ 13MP
  • 認証システム 指紋認証、顔認証
  • バッテリー容量 3950mAh
  • Bluetooth  Bluetooth 5.0

ネットワーク

  • 3Gバンド W-CDMA 800 / 850 / 900 / 1700(AWS) / 1900 / 2100
  • 4G LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 12(700), 13(700), 17(700), 18(800), 19(800), 20(800), 26(850), 28(700), 38(2600), 40(2300), 41(2500)
  • SIM NanoSIM , デュアルSIM, デュアルスタンバイ
  • Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac

発売日 2019年12月

UMIDIJIとは

2012年に中国で設立したメーカー。

AmazonやAliexpressでオンラインショップを経営。

トルコ、エクアドル、ブラジル、バングラデシュ、スペイン、チェコ、スイス、モロッコ、タイ、ロシア、ポーランド、スペインに販売代理店があるとのこと。

UMIDIJI A3Sの動作は?

良い意味で期待はずれでした。

ネットでよく言われているようなもっさり感、カクカク感はそれほど感じませんでした。

設定画面でもスルスル動きますし、Google ChromeでYahoo!を見てもストレスなく開きます。

Twitterのタイムラインを上下にスワイプさせてみましたが、ストレスなく動きます。

10,000円台のスマホとしては充分です!

しかしAndroidユーザーの方たちの評価は芳しくありません。

Galaxy等のハイエンド機、その他の2〜3万円台、3〜6万円台のミドルレンジAndroid機は凄いんだ!と思いました。

数年前、Android 5のスマホを一時もっていましたが、緩慢な動き、すぐ落ちるアプリ、文字入力がやりにくくすぐに手放したことがあるんです。

iPhone4からずっとiOSを使っていますが、Androidの進化に驚きました!

>>UMIDIJI A3Sを見てみる>>

UMIDIJI A3Sの問題点はストレージ

Androidの進化に驚いた次第ですが、UMIDIJI A3Sの問題点はストレージの少なさ。

16GBでは全く足りません。

「素のAndroid10に近い」と言われていて、余計なメーカー純正アプリがインストールされていない

UMIDIJI A3Sですが内部共有ストレージは16GB中空き容量は8.44GBしかありませんでした。

(最低限のセットアップのみで新規にアプリはインストールしていない状態で)

MicroSDカードを使用する前提で設計されているのでしょう。

UMIDIJI A3Sのカメラ性能は?

UMIDIJI A3Sのカメラ性能ははっきり言って褒められません。

古いiPhone6sの方が断然使いやすいし、画質も良いです。

カメラ性能には期待しないほうが良いです。

UMIDIJI A3SはRakuten UN-LIMITを試験的に試す人におすすめ

安いアンドロイド端末が欲しい人、サブ機として、格安SIMでテザリングしてモバイルルーター替わりに、子供に持たせるスマホとして、そして私のようにRakuten UN-RIMIT用にUMIDIJI A3SはおすすめできるAndroidスマホです。

【事務手数料3300円相当ポイント還元中】Rakuten UN-LIMIT★300万名対象★
価格:3300円(税込、送料無料) (2020/5/3時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天で購入

 

 

GoogleのPixel3やPixel4の様に素のAndroidスマホが欲しい人にもおすすめです。

UMIDIGI A3S は激安!の約1万円で買える SIM フリーAndroidスマホ。

動きもよく、iPhoneユーザーが使ってもすぐに利用できるユーザーフレンドリーさ。

ハイスペックにこだわらない、激安スマホが欲しい人は「UMIDIJI A3S」を!

お得になる楽天モバイルIDを紹介します!

Rakuten UN-LIMIT(楽天モバイル)では現在ご紹介キャンペーンを開催しています。

なんと紹介する方も紹介される方も楽天ポイントがもらえる特典!

紹介する人は1人紹介するごとに楽天ポイントを3,000ポイントもらえます(5回線まで紹介可能)

紹介される人は楽天ポイントを2,000ポイントもらえます。

UN-LIMITをご契約する際は、この特典を利用したほうがおトクに契約する事ができますよ!

当ブログの楽天モバイルID 2020042904469

ぜひご利用ください!

【事務手数料3300円相当ポイント還元中】Rakuten UN-LIMIT★300万名対象★
価格:3300円(税込、送料無料) (2020/5/7時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天で購入

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA