Xiaomi MI Band 4 Mi Fitをアップデートしよう

Xiaomi Mi Band 4

 

格安スマートバンドの中で大人気のXiaomi Mi Band 4

Xiaomi Japan公式ツイッターを見てバージョンアップを知りました。

2020年2月下旬にアップデートが配信されています。

iOS、AndroidともにMi FitのアップデートでMi Band 4にBluetoothで連携されます。

さて、今回のアップデートで何が変わったのか?を紹介していきます。


 

Mi Band 4 アップデートの確認方法 iOS

私はiPhoneユーザーなのでiOS。

おそらくアプリの自動更新をされている方が多いと思います。

さて、アップデートされているかの確認方法です。

  1. Mi Fitアプリを起動させます。
  2. マイデバイスから
  3. Mi スマートバンド4をタップ
  4. アップデートを確認をタップ

の順番で進みます。

「利用可能なアップデートはありません」と画面に表示されれば最新バージョンです。

最新ファームウェアバージョンは「1.0.9.30」です。

 

ファームウェアアップデートの中身は?

Xiaomi Japan公式ツイッターより

「Mi Band 4のフォントが小さいとういう意見から、技術的な問題を克服しフォントを大きくすることができました」とツイート。

2019年12月に日本法人ができたXiaomi。

ユーザーの意見を取り入れてくれる姿勢は良いですね!

フォントが大きくなったのか確認してみた

Mi Band 4をAmazonで購入したのが2月下旬。

その時はこのツイートを見ていなかったので、なんと気が付きませんでした。

実際に画面を見てみると確かに見やすくなっていますね。

特に文字が小さいワークアウトの文字が太く、大きくなっています。

Mi Band 4

このツイートのようにMi Fitアプリのアップデートで大きなフォントを使用することができます。

視認性が良くなりました。

>> Xiaomi Mi Band 4をAmazonで探す

アクティビティの自動検知機能の追加

アクティビティの自動検知は設定するときにあったかどうか忘れてしまいましたが、今回のアップデートから使用できるようになりました。

アクティビティの自動検出とは
運動していることをバンドが検出すると、ワークアウト中の心拍数データの正確性を保証するために自動的に検出頻度が増加すること。

これは設定が必要になります。

  1. Mi Fitアプリの心拍数検出(自動心拍数検出)
  2. アクティビティ検出
  3. ボタンをオン

この操作をすると

「この機能をオンにするとバッテリー駆動時間が短くなります。続けてよろしいですか?」という文面がでます。

mi band 4

最大20日間充電不要のMi Band 4。

このくらいは誤差の範囲だと思いますが、本当に短くなったら記事の修正をしますね。

なお、検出頻度は

  • 1分
  • 5分
  • 10分
  • 30分

に設定することができます。

ワークアウトモードにするのを忘れて運動したときに、このアクティビティの自動検出機能は助かりますね。

アップデートでますますMi Band 4が便利になる

すっかり自分の体の一部になってしまっているXiaomi Mi Band 4。

こうしたユーザー目線のアップデートは嬉しい。

とても3,000円台のスマートバンドとは思えないサポート。

Mi Band 4、オススメのスマートバンドです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA