【コスパ最強】Xiaomi Mi Band 4の使い方

Xiaomi Mi Band 4

 

前回の記事で取り上げたコスパ最強、Xiaomi Mi Band 4。

一日使ってみて「付けている違和感なし」です。

そもそも普段使っているCASIOのウェーブセプターが重いので比較にはならないですが(笑)

今回はMi Band 4の使い方編です。

まずはXiaomi Mi Band 4のスペックから

 

Xiaomi Mi Band 4の主なスペック

 

  • 本体正味重量     10.6g
  • 本体寸法       46.8×17.8×12.6mm
  • サポートするシステム Android4.4  iOS9.0およびそれ以上のバージョン
  • 電池容量       135mAh
  • 電池タイプ      リチウムイオンポリマー電池
  • 入力電圧       DC5.0V
  • 防水等級       5ATM
  • 動作温度       −10℃〜50℃
  • 無線通信       Bluetooth 5.0 BLE版

となっています。

防水はしぶき、雨、雪、シャワー、スイミング、飛び込み、シュノーケリングが5ATMの対応可能な範囲ですが、普段の手洗いやシャワーなら問題ないかと思います。

実際、手を洗ったときに少し水がかかりましたが問題なしです。


 

Xiaomi Mi Band 4の操作方法

まず、画面を点灯させるにはディスプレイ下部の「◯」アイコンをタップします。

 

各機能に移動するには画面点灯中に上下にスワイプ。

Mi Band 4では音楽もコントロールできる

スマホで再生中の音楽もMi Band 4でコントロールできます。

画面を左右にスワイプすると曲名の表示、ボリュームコントロール、曲送り、一時停止がMi Band 4でコントロールできます。

つまりスマホの音楽リモコンになるんです。

 

Mi Band 4で歩数、距離、消費カロリーの確認

ステータス画面をタップすると「歩数」「距離」「消費カロリー」を確認することができます。

 

 

Mi Band 4で心拍数を測る

心拍数の画面でハートマークを長押しすると計測します。

リラックスしているとき、緊張しているときの違いがわかって面白いです。

 

Mi Band 4でワークアウト

ワークアウトは各種運動の記録を取ってくれます。

屋外ランニング、トレッドミル、サイクリング、ウォーキング、フリー、プールスイミング、の6種類。

例えばウォーキングを選択すると位置情報が計測され、時間、距離、歩数が表示されます。

長押しすると一時停止になるので停止か再開を選ぶことができます。

 

Mi Band 4で天気予報

天気アイコンをタップするとMi Fitで選択した地域の天気予報が表示されます。

本日を含め5日先までの天気予報を調べることができます。

一箇所だけしか天気が表示されませんが、詳細な天気用法はスマホで、とあくまで簡易的に、と思えば使える便利な機能です。

 

Mi Band 4でスマホの通知を受けることができる

スマホアプリMi Fitでバンド通知した電話の着信、イベントリマインダー、アラーム、アプリ通知、座りすぎ通知、SMS受信、メール受信、目標達成通知をMi Band 4で受けることはできます。

 

アプリ通知は

  • Mi Fit
  • Facebook Messenger
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • You Tube
  • カレンダー

となっています。

限定的ですが、電話、メッセンジャーアプリがデフォルトで入っていれば充分です。

 

Mi Band 4その他便利機能

DND、アラーム、音楽、ストップウォッチ、タイマー、端末を探す、バンドディスプレイの機能があります。

その他の機能が一番中身が詰まっていますね。

 

DND

DNDはおやすみモード。

 

アラーム

アラームはMi Band 4本体からは設定できませんが、スマホアプリのMi Fitで設定できます。

一度設定すれば大丈夫なことが多いですし。

 

音楽

スマホで再生中の音楽をMi Band 4でコントロールする機能。

画面を左右にスワイプすると曲名の表示、ボリュームコントロール、曲送り、一時停止がMi Band 4でできます。

スマホの音楽リモコンになるんです。

 

ストップウォッチ

Mi Band 4のストップウォッチは使いやすいです。

他の腕時計についているストップウォッチはボタン操作が煩わしいのに比べ、画面のスワイプ、タップだけで簡単にストップウォッチ機能。

子供さんの運動会や運動競技で活躍してくれるでしょう。

 

タイマー

カップ麺を作るときに便利ですよね。

 

端末を探す

これはペアリングしているスマホが見つからないときに便利です。

ベルの音で探しているスマホの場所がわかります。

4,000円以下のスマートバンドでこの機能は良いですね。

 

バンドディスプレイ

Mi Band 4のディスプレイデザインを変更することができます。

種類が少ないのでMi Fitのオンラインバンドディスプレイから選んだほうが良いですね。

 

設定

設定では画面の明るさ、ロック画面のオンオフ、自動画面オフの時間を調整することができます。

 

Xiaomi Mi Band 4はコスパ最強のスマートバンド

Amazonでの販売価格では4,000円以下のMi Band 4。

これだけ多機能でしかも制度が良い製品だとは思いませんでした。

初めてのスマートウォッチ、スマートバンドですが良い買い物をしたと思っています。


Mi Band 4の記事一覧です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA