【2020年版】Apple Watchでできること

 

今やいろいろなメーカーからスマートウォッチ、スマートバンドが発売され、3,000円台から50,000円以上のスマートウォッチが揃っています。

スマートウォッチといえばApple Watchを連想される方が多いのではないでしょうか?

iPhoneを使っているのであれば同じAppleの製品、Apple Watchがもっとも相性がよく使いやすいです。

「スマートウォッチ、Apple Watchって電池が持たないし、実用性にかけるでしょ?」と思う方も多いと思います。

しかし実際に使ってみると「これは便利だ」と感じるようになります。

Apple Watchのどこが便利なのか、何ができるのかを記事にしていきます。

Apple Watchの購入を迷っている方に参考になってくれると嬉しいです。

Apple Watchでできること

Apple Watchでできることを一覧にして紹介していきます。

時計機能

まず肝心なのが時計の機能ですね。

Apple WatchはiPhoneとペアリングしているのでiPhoneの時刻が連動されます。

そのため時刻も自動的に調整されるので正確な時刻を確認することができます。

iPhoneの各種通知を確認できる

スマートウォッチ、そしてApple Watchの一番便利な機能は通知ですよね。

Watchアプリから通知するもの、通知しないものを選択することで不要な通知を減らしたり、重要な通知を確認することができます。

Apple Watchの通知はただ振動するだけではなく「ポン」という感じですくわかりやすく不快な感じが全く無いです。

「さすがApple、よく考えているな」と思います。

iPhoneをバッグに入れていたり、マナーモードにして離れたところにいてもApple Watchが教えてくれるのはすごく便利です。

 

Apple Watchは文字盤カスタマイズが楽しい

スマートウォッチの楽しみのひとつは文字盤の変更やカスタマイズ。

Apple Watchは左右にスワイプするだけで自由に文字盤を変えることができます。

カスタマイズは文字盤を押し込むことで表示する項目や色の変更ができるのでよく使う項目をすぐに呼び出すことができるようになります。

Apple Watchから電話をすることができる

昔見たSF映画、アニメのように腕時計から電話をかけたり受けたりすることができます。

iPhoneに着信があるとApple Watchでも確認することができます。

Apple Watchで通話をすることも可能。

また連絡先を使って電話を掛けることもできます。

セルラーモデルならApple Watch単体で、iPhoneと繋がっていない状態でも電話をすることができます。

運動をしていてiPhoneが近くになくてもApple Watchだけで電話を受けることができるんです。

LINEの通知と返信

日本ではスタンダードな連絡手段になっているLINE。

メールよりもLINEを使う場合が多いと思います。

Apple WatchではもちろんLINEの通知やメッセージを確認することができます。

返信もあらかじめ設定されている定型文をタップすることでかんたんにできますし、音声入力で文字変換してメッセージを送ることもできます。

しかしLINEの無料通話には対応していないのが残念です。

アップデートで使えるようになると良いですね。

Apple Watchで音楽をコントロール

Apple Watchはアップルミュージックやアマゾンミュージック、SpotifyなどiPhoneで再生している音楽をコントロールすることができます。

AirPodsやBluetoothワイヤレレスイヤフォンで音楽を聞くのですが、Apple Watchでは音量のコントロール、再生・停止、曲送り・戻しを手元でできるのはすごく便利な機能です。

Apple Watchのアクティビティ

Apple Watchのアクティビティとは消費カロリー(ムーブ)、運動(エクササイズ)、スタンド(座り過ぎを防止)を輪を描くように計測、表示してくれる機能です。

Apple Watchを付けているだけで自然と体を動かすようになります。

例えば座っている時間が長いと通知が来ます。

ひとつの目標を達成したりするとバッジが与えられるのでゲーム感覚で健康に気をつけるようになりますよ。

Apple WatchにもSiriが搭載

SiriがApple Watchにも搭載されています。

iPhoneではあまり使っていなかったSiriですが、手首にApple Watchがあると使う機会が増えました。

Apple WatchのSuicaが便利すぎる

Apple PayでSuicaを使っていると、いちいちそのたびに起動させることなく改札を通ることができます。

iPhoneを取り出すことなくApple Watchで支払いが簡単。

そのままApple Payで店舗で買い物をすることもできます。

しかし改札の読み取り部分は右側にあるので、電車に乗る機会が多い方は右手首に付けたほうがスムーズ。

これが少し残念です。

ストップウォッチ・タイマー・アラーム

Apple Watchはストップウォッチ・アラーム機能もあります。

例えばカップめんを作るときにアプリを立ち上げなくてもSiriで「タイマー3分」というとセットができます。

Apple Watchでできること・まとめ

まだまだ機能がたくさんあるApple Watch。

多機能すぎて紹介していないものもあります。

しかしApple Watchひとつで「生活が変わる」のは間違いないです。

2020年4月現在、もっとも安く購入できるのはSeries3のGPSモデル。

 

非常にコストパフォーマンスが高いモデルです。

Apple Watchを手に入れるには今!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA