【2020年版】Apple Watch版LINEでできること

 

LINEを使う人が多い日本。

既に通信手段のスタンダードになっています。

家族や友人との通信手段として、多くの方に使われていますね。

今や携帯ショップでもLINEの引き継ぎをやってくれるところもあります。

2020年1月、LINEのアップデートでApple Watch単体でも使えるようになりました。

それまではiPhoneに届いたメッセージがApple Watchに転送される仕組みでしたが、Apple Watch版ラインアプリが単体でLINEのサーバーと通信する仕組みに変わりました。

パソコン版、iPad版と同様にApple Watch版のLINEアプリがあります。

LINEをApple Watchと連携させるとこれまで以上に便利になりますよ。

  • iPhoneのLINEアプリで受信したメッセージをApple Watchで確認
  • Apple Watchでテキストのメッセージやスタンプを返信ができる

などiPhoneが手元になくても、Apple Watch単体でLINEのやりとりをすることができるんです。

Apple Watchをこれから買いたい、または購入を考えている方にもおすすめできる記事です。

Apple WatchにLINEアプリインストール

既にiPhoneでLINEをお使いの方は、ペアリング、初期設定の段階でApple Watchにも自動的にインストールされています。

LINEアプリがApple Watchに見当たらない場合は、iPhoneのWatchアプリでLINEをタップし、AppをApple Watchで表示をオンにしましょう。この作業でApple WatchにLINEアプリがiPhoneから反映されて表示されます。

iPhoneのLINEアプリでログインを許可をオン

Apple Watch単体で使えるようになっているため、別端末としてログインする必要があります。

Apple WatchでLINEを使用するには、iPhoneのLINEアプリの

  1. 「設定」
  2. 「アカウント」
  3. 「ログイン許可」をON

にする必要があります。

セキュリティ上、ログイン許可をOFFにしている場合が多いですので確認してみましょう。

ログイン中の端末をLINEアプリで確認することができます。

Apple WatchのQRコードでLINEにログイン

Apple WatchのLINEアプリを初めて使うとき、またはログアウトして再ログインするときにApple Watch上に表示されるQRコードでログインしなければなりません。

ログインはQRコードで行う仕組み

Apple WatchのLINEアプリを開くと「QRコードログイン」が表示されるのでタップします。

表示されるQRコードをiPhoneのカメラで読み込むとログインできます。

Apple WatchのLINEでできること

2020年1月のLINEのアップデートでApple Watch単体でできることが増えました。

Apple WatchのLINEで何ができるのかを紹介していきます。

Apple WatchのLINEアプリでできること

  • LINEの通知を受け取る
  • LINEでメッセージを確認する
  • メッセージを送信、返信
  • 「マイQRコード」の表示

がApple WatchのLINEアプリ単体でできることです。

Apple Watchのラインアプリでできないこと

  • LINEオーディオ(無料通話)
  • ビデオ通話

です。

LINEオーディオ(無料通話)の通知は受信できますが、Apple Watchでの通話はできません。

通話料金が発生する電話よりもLINEの無料通話を利用する機会が多い私はここだけが残念な点です。

次のアップデートに期待しています。

>>Apple Watchを見てみる

LINEの通知を受信する

LINEアプリの通知を確認することは大変便利です。

アプリを開かなくても通知の状態でDigital Crownを回すと長文でない限りメッセージを確認することができるのは便利です!

また通知も強すぎず、弱すぎず心地よい感じで手首に振動がきます。

Appleらしい設計ですね。

メッセージの受信画面から返信もできます。

 

LINEメッセージの確認

受信したメッセージを確認する方法は

  • 通知画面から
  • LINEアプリ

の2つになります。

iPhoneと同じくトークが表示されますし、メッセージもテキストなら内容を確認することができます。

なお、URLのリンクはテキスト表示、動画は表示されません。

内容がわかればあとでiPhoneで確認することができます。

LINEのメッセージ送信と返信

Apple Watchからメッセージを送信する方法は以下の4つです。

  • スタンプ
  • ボイスメモ
  • 音声テキスト入力
  • 定型文

Apple Watchからメッセージを送信する方法は4つ

トーク画面の下部に、メッセージ送信用のボタンがあり、「スタンプ」「ボイスメモ」「音声テキスト入力」「定型文」から送信できます。

返信機能はiPhoneを取り出せないときに非常に便利です。

定型文もiPhoneのLINEアプリから編集ができます。

iPhoneのLINEアプリから

  • 設定
  • Apple Watch
  • 編集

の順番で進むと編集ができます。

 

LINE交換で「マイQRコード」を表示

Apple Watchで「マイQRコード」を表示させるとiPhoneと同様にLINE交換ができます。

iPhoneよりApple Watchの方が楽で簡単です。

Apple Watchで「マイQRコード」を表示するには、

  1. トーク一覧から右方向にスワイプ
  2. 「マイQRコード」をタップ

でマイQRコードを表示することができます。

 

Apple Watch LINEアプリ次期アップデートに期待

LINEは私にとって最もよく使う連絡手段。

特にLINEオーディオ(無料通話)はよく利用します。

2020年4月現在ではまだApple Watchではできません。

iPhoneと同様にフルに使えるようになってほしいです。

いつになるかわかりませんが次期アップデートに期待しています。

しかし、無料通話がなくてもApple WatchでLINEアプリが操作できるのはとても便利です。

Apple Watch Series3は今、コスパ最強のスマートウォッチですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA