大河ドラマ「麒麟がくる」明智光秀の謎

成人式 集合写真 記念撮影

麒麟がくると明智光秀の謎

2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」戦国時代もの、そして明智光秀が主役ということで楽しみにしています。

私は大河ドラマは歴史物、戦国時代の設定が好きです。

主人公は脇役で何度も登場している明智光秀。

この明智光秀が謎に包まれた人物なのでどのようにドラマで描かれるか期待しています。

 

明智光秀の出自は清和源氏?

清和源氏、美濃源氏土岐氏支流である明智氏の出身とも言われています。

室町幕府最後の将軍、足利義昭に仕えて、織田信長の力で義昭が上洛をしてから歴史の日の出舞台に登場。

それ以前はいろいろな本を読んでもはっきりしたことはわからない。

足利義昭、織田信長に仕えるまでは資料が少なく謎が多いのです。

 

本能寺の変の謎

有名なのが日本史の授業でも習う本能寺の変です。

本能寺の変で主君、織田信長を討ち下剋上。

しかし羽柴秀吉(豊臣秀吉)の中国大返しにより、山崎の合戦で破れます。

後にこれが「三日天下」といわれるようになりました。

光秀は秀吉の中国の毛利攻めの援軍を信長から命じられ出陣。

しかし途中で主だった重臣のみに織田信長討伐を伝えて本能寺へ。

信長は本能寺に森蘭丸ら僅か100名ほどの手勢しか居なかったが奮戦したものの、信長自害という結末に終わった。

ここでなぜ明智光秀が謀反に至ったか、も諸説あり未だ解明されていません。

また信長の遺骸も見つかっていません。

 

明智光秀は光秀は柴田勝家、丹羽長秀、滝川一益、羽柴秀吉(豊臣秀吉)らともに織田信長の重臣だったと言われています。

一説では柴田勝家に次ぐナンバー2の家臣だったという説も。

本能寺の変で一般的に言われていることは、信長から徳川家康の接待での些細なことからの叱責がきっかけとなっていますが、これも後世塗り替えられた可能性が高いと言われています。

「歴史は勝者が作る」と言われています。

他にも徳川家康との共謀説、長宗我部氏との関係、朝廷の陰謀等。

本能寺の変後、光秀がわずか11日存命していなかったので確かな証拠がなく、

「日本史最大のミステリー」といわれています。

 

南光坊天海は明智光秀なのか?

光秀のミステリーのひとつに山崎の戦いで、死なず南光坊天海として徳川家康の参謀として仕え、陰陽道、風水によって江戸の都市構築に貢献し、家康東照大権現として神格化し、日光東照宮の造営にかかわったといわれる伝説があります。

歴史ミステリー好きにはたまらない伝説のひとつです。

天海=明智光秀

日光東照宮にある像に明智家の家紋である桔梗紋が使われている、日光には明智平と呼ばれる地域があり、この名をつけたのが天海。

そして春日局と面識があったといわれていること。

春日局は明智光秀の重臣・斎藤利三の娘。

この天海は明智光秀ではないか、という説もミステリー。

2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」どんな光秀像が描かれるのか楽しみです。 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA