定番クリスマスソング10選 2019年洋楽編 1

クリスマスソング1

あっという間にもうすぐクリスマス。

街もクリスマスムードが一色になってきましたね。

街やCMで流れるクリスマスソング、聞いたことがあるようなないような?

そこで洋楽のクリスマスソングの紹介です。

関連記事

クリスマスソング洋楽定番クリスマスソング10選 2019年洋楽編 2

Band Aid – Do They Know It’s Christmas(バンドエイド)


1984年にボブ・ゲルドフとミッジ・ユーロが呼びかけ

Do They Know It’s Christmas?」(ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス)を同年12月3日にリリースし、大きな成功を収めた。

きっかけは当時エチオピアで発生した大飢饉。

そのチャリティーのためイギリスのミュージシャンが集まり大ヒット。

これがのちのライブエイドに繋がります。

全世界で大ヒットした映画「ボヘミアンラプソディー」

クイーンの伝説のパフォーマンスの原点にも。

ボヘミアンラプソディー

主な参加ミュージシャン

  • フィル・コリンズ
  • ボブ・ゲルドフ
  • スパンダー・バレエ
  • ミッジ・ユーロ(ウルトラヴォックス)
  • デュラン・デュラン
  • ポール・ヤング
  • バナナラマ
  • ジョディ・ワトリー(シャラマー)
  • ボノ、アダム・クレイトン(U2)
  • ポール・ウェラー(スタイル・カウンシル)
  • クール&ザ・ギャング
  • ジョージ・マイケル
  • ステイタス・クォー
  • ボーイ・ジョージ(カルチャー・クラブ)
  • スティング
  • デヴィッド・ボウイ
  • フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド)
  • ポール・マッカートニー
  • ビッグ・カントリー
  • トレヴァー・ホーン(プロデューサー)




ジョン・レノン Happy Xmas

ジョン・レノン

ビートルズでヴォーカル、ギターなどを担当し、レノン=マッカートニー名義で数々の名曲を作詞作曲をし、ビートルズ解散後はソロとして活動。1980年12月8日、凶弾に倒れる。

1971年12月1日に反戦歌としてリリース。

ジョンの死後も全英チャート2位を記録した名曲です。

ポール・マッカートニー Wonderful Christmas Time

ポール・マッカートニー

ビートルズでヴォーカル、ベース、ピアノ、ギター等を担当。

ほぼ全ての楽器を演奏できるマルチプレイヤー。

レノン・マッカートニー名義で名曲を送り出し、ビートルズの音楽面をリードしていたといわれています。

ビートルズ解散後、ソロ、ポール・マッカトニー&ウィングスでもヒットを連発し、マイケル・ジャクソン、スティービー・ワンダーとのデュエットも大成功。

ワンダフル・クリスマスタイム

1979年に発表。ポール一人で全楽器を担当し、日本でもクリスマスシーズンになるとCMでよく聞く曲です。

ポップで楽しくなる名曲です。

ジャクソン5 サンタが街にやってくる

ジャクソン5

マイケル・ジャクソンが少年期に所属したャクソン・ファミリーの兄弟のバンド。

ジャクソン5のメンバーは

  • ジャッキー・ジャクソン
  • ティト・ジャクソン
  • ジャーメイン・ジャクソン
  • マーロン・ジャクソン
  • マイケル・ジャクソン
  • ランディ・ジャクソン

サンタが街にやって来る

マイケル・ジャクソンのハイトーンボイスとモータウンサウンドがミックス。
楽しくなる曲です。


ブルース・スプリングスティーン サンタが街にやって来る

ブルース・スプリングスティーン

「The Boss」と呼ばれるアメリカを代表するロッカー。

ボーン・イン・ザ・USAを初めて聞いたときは震えた記憶があります。


ブルースもマイケルと同じ「サンタが街にやって来る」をカヴァーしてるんです。

是非聴き比べてくださいね。

第一弾はスプリングスティーンまで。

第二弾に続きます。

関連記事

クリスマスソング洋楽定番クリスマスソング10選 2019年洋楽編 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA