楽天アンリミット・Rakuten UN-LIMIT契約してみた

 

docomo、au、Softbankに続く「第4のキャリア」としてMNOとしてサービスを開始した楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」を契約しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【事務手数料3300円相当ポイント還元中】Rakuten UN-LIMIT★300万名対象★
価格:3300円(税込、送料無料) (2020/5/2時点)

楽天で購入

 

 

現在の主回線はSIMフリーiPhone8 Plusにワイモバイル回線。

iPhone8 Plusの電池の劣化が激しく、新しいiPhone11に変更しようと考えてました。

ひょんなことから安く手に入れたAndroidスマホ「UMIDIJI A3S」をWi-Fiのみで使用していましたが、Rakuten-RIMITで使用できた、というのを見かけるようになり気になりだしたんです。

調べてみると1年間通話無料、データ通信も無制限!

これは試してみなければ、となり契約しました。

今回の記事は楽天アンリミットの内容と契約までの流れの記事です。

Rakuten UN-LIMITの料金プラン内容・料金

楽天モバイルは格安SIM(MVNO)のサービスを展開していましたが、2020年4月8日にMVNOのサービスからMNO、自社回線を使う通信キャリアとなりました。

docomo、au、Softbankに続く第4のキャリアの誕生です。

同時に2020年4月7日でMVNOの受付も終了。

そして新たにRakuten UN-LIMITのサービスを開始しました。

料金プランはひとつだけ

料金プランは「Rakuten-UNLIMIT」のみ!

  • プラン料金 月額2,980円
  • エリア 国内エリア(楽天回線エリア)(パートナーエリアau)
  •     海外
  • データ容量 楽天エリアは使い放題
  • パートナーエリア(au回線)は5GB 通信制限を超えると1Mbps

先着300万名は1年間無料キャンペーン!

パートナー回線のauは当初データ容量が2GBまで、通信制限を超えると128kbpsでしたが

Rankuten-UNLIMITが2.0にバージョンアップされ5GB、通信制限後は1Mbpsになりました。

私が契約を決めた理由のひとつが通信制限後、au回線の速度が1Mbpsになったことです。

以前、某格安SIMを使っていたときは、通勤時間帯、お昼や夕方は全く速度が出なく使い物にならなかったから。

1MbpsはYou Tubeも普通に見れる速度。

そして2GBから5GBのデータ通信の容量が増えたことも契約した理由です。

Rakuten UN-LIMITの申し込み方法

楽天モバイルのRakuten UN-LIMITに申し込む方法です。

新規電話番号で申し込みとMNP(他社から楽天モバイルへ乗り換え)の2つになります。

私は新規で申し込みをしたのでその手順を(スマートフォンで申し込み)

楽天モバイル公式サイトへアクセスします。

上部にある「申し込み」をタップ。

その後確認事項が表示されるので、確認後「お申し込み画面に進む」をタップします。

「上記すべての項目を確認しました。」にチェックを入れます。

  • 新規電話番号でお申し込み
  • 他社から乗り換え(MNP)でお申し込み

どちらかを選択します。

私は新規での申込みでしたので「お申込みタイプを選択してください」の画面に移ります。

製品+プランセット

 

プラン(SIMカード)のみ

 

詳細・お申し込みはこちら、をタップすると楽天市場に移動します。

「購入手続きへ」をタップ。

通話サービス、オプションの選択になります。

必要なサービス、オプションの選択になりますが、個人的には不要だったので何も選びませんでした。

「この内容で申し込む」をタップします。

楽天市場へログイン

楽天市場へのログインに移ります。

楽天会員ではない場合は新規に登録して下さい。

本人確認書類をアップロードします。

スマホで本人確認書類の写真を撮影しアップロードします。

本人確認書類は

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

アップロードが終わると電話番号の選択になります。

新規契約は3つの電話番号が表示されますので、その中から好きな電話番号を選択しましょう。

次に「お届けする住所」や受取希望日時」を入力します。

申し込み内容を確認する画面

申し込み内容の確認、名前や住所等の入力ミスがないかを確認し、申し込みを完了をタップします。はないかなどを確認して下さい。

その後「お申し込みが完了のお知らせ」が届きます。

 

あとは楽天モバイルからSIMカードが届くのを待つだけです。

Rakuten-UNKIMIT申込時の注意点

「お申し込みが完了のお知らせ」メールが届くと申し込みが完了になりますが、ややこしいのは申込日翌日に届く【楽天モバイル】楽天モバイル正式契約手続きのご案内メールです。

ここに書かれているとおり「楽天モバイル正式ご契約へ」ボタンから正式契約を完了した場合は、何もしないでメールをゴミ箱に捨てればよいのですが、私は更に手続きをしなければならないと思い、指定されたURLから更に手続きを進めてしまったため、ステータスが新規契約のまま3日ほど経ってしまいました。

楽天モバイルコールセンターへ問い合わせをしてもずっとつながらない状態。

やっと繋がって聞いてみたところ契約を調べてくれて、原因が上記のメールから手続きをしてしまったのでシステム上留保されている状態でした。

この場合は楽天モバイル側でキャンセルし、契約者(私)からもう一度申し込みをしなければならなかったのです。

無駄な時間でした。

この「お申込み完了のお知らせ」メールが届いていれば、翌日に届くメールは無視してください。

Un-LIMITのページが重たく途中で止まってしまった場合は翌日に届く【楽天モバイル】楽天モバイル正式契約手続きのご案内メールから手続きをするそうです。

また混雑で完了できなかった場合、楽天市場で購入履歴が複数ある場合は、Un-LIMITの契約が完了したあと、誤って購入した形になっている履歴が消えるとの回答でした。

docomo、au、Softbankに続くキャリア(MNO)なので、いち早くシステムの改善をお願いしたいです。

楽天回線のエリアとパートナー回線のエリア

楽天回線は2020年4月現在

  • 東京
  • 名古屋
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 三重
  • 神奈川
  • 千葉

だけです。

そのため他の地域をカバーするためau回線を使用しています。

楽天回線エリアはRakuten UN-LIMITではテータ通信無制限なのですが、au回線の場合月間5GBという制限がかかっているのです。

2021年3月頃までには全国的に楽天回線が使えるようになると発表されています。

Rakuten UN-LIMITの契約は使えるのか?

2020年4月現在、楽天の自社回線はごく限られた地域しか使えませんが、パートナー回線のau回線は全国を網羅しています。

契約事務手数料も楽天ポイントで還元されるので実質0円。

さらに1年間スマホに料金が無料なんです、

「先着300万名限定の月額料金1年間無料キャンペーン」がいつ終了するのかわかりませんが魅力を感じた方は契約したほうが良いと思います。

さらに

  • 契約期間の縛りがない
  • 違約金は発生しない

ので気に入らなければいつでも解約できます。

また料金無料期間が終了したとしても月額2,980円は安いです!

docomo、au、Softbankの半額以下(プランによる)

一年間だけ使ってみるか、という考えでも良いとおもいます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【事務手数料3300円相当ポイント還元中】Rakuten UN-LIMIT★300万名対象★
価格:3300円(税込、送料無料) (2020/5/2時点)

楽天で購入

 

 

 

キャンペーンでもらえるポイントがたくさん!

料金が1年間無料キャンペーンだけではなく、他にも楽天ポイントが貰えるんです!

  • 事務手数料分3,300ポイント(終了日未定)
  • オンライン契約で3,000ポイント
  • スマホ本体も契約時に購入する最大「14,500ポイント」プレゼント

楽天なので携帯料金の支払いに使えます。

私はスマホ本体は買いませんでしたので最大6,300ポイントですが、上記の3つが対象になると最大20,800ポイントを貰うことができます。

Rakuten UN-LIMITは使用できる端末が限られている点について

上記のようにメリットばかりに見える「Rakuten UN-LIMIT」ですが、乗り換えに少し悩むのが「利用できる端末が限られていること」なんです。

基本的にOSはAndroid。

なぜなら無料通話に使用するアプリ「楽天Link」アプリがiOSには無いこと。

オンライン契約で3,000ポイントの還元には楽天Linkから開通しなければなりません。

しかしiPhoneでもXR以降の端末はe-SIMを使うことで利用できるようです。

楽天Linkアプリは使用できないので無料通話はできません。

Androidですが楽天モバイルで販売している端末は動作確認済みでSIMを挿せばすぐ使えるようです。

その他のアンドロイド端末では私が持っている「UMIDIGI A3S 」のように手動でAPN設定を行えば利用できる端末があります。

 

楽天モバイルも正式に利用できる端末を随時更新していますのでこれからに期待しています。

楽天アンリミットのこれからに期待

楽天モバイルRakuten UN-LIMITは2020年4月にサービスが開始されたばかりです。

まだ契約システムも不具合が多いですし、利用できる端末も限られています。

しかし楽天という会社に期待を持っています。

他のキャリアでは考えられない「Rakuten UN-RIMIT」ひとつだけの料金体系。

シンプル・イズ・ベスト。

これからに期待しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【事務手数料3300円相当ポイント還元中】Rakuten UN-LIMIT★300万名対象★
価格:3300円(税込、送料無料) (2020/5/2時点)

楽天で購入

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA