簡単!Fire7タブレットからPCにデータを転送する方法

fire7

 

簡単!Fire7タブレットからPCにデータを転送する方法【2020年版】の記事です。

Fire7はmicroSDカード(最大512GB)が装着できます。


SanDisk ( サンディスク ) 512GB ULTRA microSDXC UHS-I card アダプタ付 SDSQUAR-512G-GN6MA [ 海外パッケージ ]

なので容量が少ないFire7(16GB/32GB)でもmicro SDカードに転送し保存が可能。

しかし画像やデータをPCに転送してバックアップしたいですよね。

MacとiPhoneのようにAirdrop(エアドロップ)で画像やデータを転送できれば一番良いのですが、FireタブレットとPC間ではそうはいきません。

またmicro SDカードを抜いてPCに取り込む方法もありますが面倒です。

しかし、Fire7とPCをUSBケーブルで接続し、画像や写真などのファイルを転送することができます。

FireタブレットからPCへの転送方法

WindowsとMacは少し手順が違うので分けています。

FireタブレットからWindowsの場合

FireタブレットとPCを付属のUSBケーブルで接続して画面上部から下にスワイプすると「このデバイスをUSBから充電しています」という通知が表示されます。

その通知をタップするか画面の設定から接続デバイス、USB接続をタップすると

「USB接続の目的」が表示されます。

ラジオボタンで「デバイスの充電」から「ファイルの転送」に変更するとFireタブレット

からPCの間にファイルの転送ができるようになります。

FireタブレットからPCへの転送方法

 

また写真を転送する場合はラジオボタンの「写真の転送」(PTP)を選択すると写真の

転送ができます。

FireタブレットからPCへの転送方法

FireタブレットとWindowsの転送手順

  1. 画面の上から下にスワイプし「このデバイスをUSBから充電しています」をタップ
  2. USB接続の用途ダイアログで「ファイルを転送するをタップ」
  3. USB接続の用途ダイアログで「ファイルを転送するをタップ」

となります。

FireタブレットからMacの場合

Windowsと同じく付属のケーブルでFireタブレットとMacを接続します。

しかしMacの場合は

Android File Transfer(アンドロイド ファイル トランスファー)

というソフトウェアをインストールしなければなりません。

Fire OSはもともとAndroidをベースにAmazonが開発したOS。

MacとAndroidはやはり相性があまり良くないのかも知れませんね。

Android File Transferのインストール先

あとはWindowsと同じ手順ですすめていくだけです。

FireタブレットとMacの転送手順

  1. Android File Transferをインストール
  2. 画面の上から下にスワイプし「このデバイスをUSBから充電しています」をタップ
  3. USB接続の用途ダイアログで「ファイルを転送するをタップ」
  4. USB接続の用途ダイアログで「ファイルを転送するをタップ」

Macではソフトウェアをインストールする手順が増えます。

文字にすると長くなりますが、手順通りすすめていけばWindowsなら5分、

Macなら10分もかかりません。

Amazonが作ったFireタブレットを楽しみましょう!


Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 16GB – Newモデル


Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB – Alexa搭載


【Newモデル】Fire HD 10 タブレット ブラック (10インチHDディスプレイ) 32GB

関連記事 

Amazon Fire7(アレクサ搭載)タブレットを買ってみた

Fire 7 タブレット 第9世代買ってみた

Fire7(第9世代)開封レビュー【2020年版】

【2020年版】Fire7(第9世代アレクサ搭載)初期設定

【2020年版】Amazon Fire7で出来ないこと

Fire7でスクリーンショットの撮り方と保存場所

Fireタブレット ホーム画面とロック画面の壁紙を変更する方法

Alexa関連セール

2月28日までEcho Dotが2台まとめ買いで5,980円OFFのセール中です。

1台が無料!Echo Dot 第3世代 2台まとめ買いで5,980円OFFセール中

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA