WordPressの維持費を安くする方法 ConoHa WING

ConoHaWING

ワードプレスでブログを運営していく上でどうしてもかかる費用があります。

  1. 独自ドメイン
  2. レンタルサーバー

独自ドメインは取得、年間更新料、レンタルサーバーはその会社によって異なりますが、初期費用もありますし、月額の利用料金が発生します。

既に収益化されているブログ、ブロガーの皆さんは回収していますが、私のように初心者でワードプレスを使っているブロガーは出来るだけ費用を抑えたいです。

そこで私が記事更新で行なっているワードプレスの維持費を抑える方法を書いていきます。

リライトは別です。

レンタルサーバーをConoHa WINGに

ConoHa WINGは初期費用・最低利用期間なしです。

そして1時間2円からの時間単位料金。

ベーシックプランなら1時間2円、最大1,200円から始められます。



ConoHa WING https://www.conoha.jp/wing

以下引用

料金

ConoHa WINGは初期費用・最低利用期間なし、いつでも気軽に始められます。また利用料金が月額料金に満たない場合は時間単位の料金が適用されるので、月の途中からご利用を始めてもムダなコストは発生しません。

ConoHaWING ConoHaWING

極端な例ですが1記事書くのに1時間、毎日1記事更新だとひと月31日の場合

2円×31日=62円にすることが可能です。

Googleドキュメントを使う

記事の下書きにgoogleドキュメントを使っています。

  1. 下書き中に消えない 
  2. 自動保存される
  3. いろんな端末でも下書きを見ることができ更新もできる。

Googleドキュメントは書いてる途中でも自動保存で下書きが消えないですし、スマホやタブレットでもgoogleアカウントを同期させるとどの端末からも見れるし書くこともできます。

ちょっとした隙間時間でも下書き、更新ができますし、思いついたネタもメモすることもできます。

音声入力で文字起こしも出来ますが、私は恥ずかしいので使ってません(笑)

Googleドキュメントの文章をワードプレスに

Googleドキュメントで書いた下書きをワードプレスに直接アップロードします。

やり方はferretさんに詳しく載っています。

Jetpackプラグインが必要になります。

他にもそのままGoogleドキュメントからコピペしてワードプレスエディターに貼り付けも出来るのでお好みの方法で。

見出し画像の配置を行う

Googleドキュメントの記事をワードプレスにアップロードしたらあとは記事の構成、見出し、画像の配置、投稿時間等の調整です。

私はあらかじめ見出しになる部分を強調してなるべく手間を省くようにしています。

ブログ初心者のワードプレスの維持費をなるべく抑える方法でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA