従業員持ち株会に入らない理由 給料という名の配当金

勤務している会社には従業員持株制度があります。

それに入っていない理由を書きます。

従業員持ち株制度にはメリットもあるので個人的な考えです。

また投資は自己責任ですので。

持株会に入らない理由

会社に所属していることによって給料をもらっています。

つまり仕事をすることによって給料という配当金を貰っていると私は解釈しています。

少額ですが毎月投資信託で国内、海外への株式に分散投資をしています。

従業員持ち株制度を使って自社株を買うのは分散投資にならないし、ポートフォリオのバランスが崩れてしまうのも要因のひとつ。

強制ではないので奨励金が出たり、自社株を買って団結しよう、とかなんとなく言われますが私は持株会に加入しません。

右肩上がりの企業ではない

GAFAみたいな右肩上がりの成長企業とは違って勤務している会社は斜陽産業、オワコンに近い。

自社株を買っても株価下落で塩漬けになります。

現実に勤務している会社の株価は順調に下落(笑)

ドルコスト平均法で買付するので(天引き)下落時は口数を多く買えるのですが、やはり自社株は買う気になれません。

愛社精神がないから?

愛社精神はないです。

www.portrator.work

上記の記事のとおり「会社は金を稼ぐ場所」としか思っていんません。

会社のために、と思う人は自己責任で。

給料という名の配当金

毎月給料という名の配当金が入ってくるのは大切なことです。

そこから生活という投資をしていくことになります。

立派な自己投資だと私は考えています。

子供の教育資金は将来に対する投資のひとつですし、貯蓄、投信積立は老後に対する投資。

もちろん趣味にお金を使うのも立派な投資です。

自己研鑽と成長に繋がりますから。

まとめ

持株会での自社株購入やその他の投資は自己責任です。

その範囲内で自己の判断でそれぞれ生活にあった貯蓄、投資をすれば良いと思います。

給料という名の配当金という考えは私の生活スタイルなので。

お金は寝かせて増やしなさい

お金は寝かせて増やしなさい

株式投資の未来?永続する会社が本当の利益をもたらす

株式投資の未来?永続する会社が本当の利益をもたらす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA